明治5年 八番(法蔵寺)九番(西願寺)十番(正覚寺)の三義校ができた。
明治15年 浅間校・新道校が合併して幅下学校になった。
新校舎完成(児童数860名余)
明治20年 このころ山岡鉄舟が学校をおとずれた。
明治25年 幅下尋常小学校となった。
明治37年 幅下第一・第二尋常小学校に分かれた。
明治42年 第一が幅下尋常小学校 第二が新道尋常小学校となった。
大正2年 景雲橋ができた。
大正7年 西公設市場ができた。
大正8年 幅下小学校に特別学級(夜間授業)がおかれた。
大正11年 創立50周年記念(児童数1714名)
昭和1年 新道尋常小学校に高等科がおかれた。
昭和7年 創立60周年記念(児童数829名)
幅下尋常小学校が鉄筋新校舎へ移った。
昭和8年 講堂ができた。
昭和16年 幅下国民学校・新道国民学校となった。
昭和17年 創立70周年記念(児童数860名)
昭和18年 特別学級がなくなった。
昭和19年 学童集団疎開をした。
昭和20年 新道国民学校が空しゅうで全焼した。
昭和21年 幅下、新道を合併して幅下国民学校となった。
昭和22年 名古屋市立幅下小学校となった。
給食調理所がつくられ給食がはじまった。
菊井中学校ができた。
昭和24年 生活単元学習試案発表会
昭和25年 校地がひろがった。
昭和27年 教室のガス暖房が始まった。
昭和29年 特殊学級(百合組)ができた。
木造校舎ができた。
昭和32年 運動場が広くなった。
昭和35年 新しい調理所ができた。
交通安全指導発表会をした。
昭和37年 創立90周年(児童数837名)
昭和38年 新しい校歌ができた。
昭和39年 プールができた。
昭和41年 日本水泳連盟より優秀校として表彰を受けた。
昭和46年 体育館兼講堂ができた。
昭和47年 創立100周年(児童数560名)
昭和53年 文部省体力つくり促進研究会開催
昭和57年 創立110周年記念(児童数427名)
昭和60年 現在の校舎ができた。
平成 4年 創立120周年記念(児童数287名)
平成 8年 現在の体育館ができた。
オーストラリア教育訓練大臣が来校した。
平成14年 トワイライトスクールが開校した。
創立130周年記念(193名)
平成15年 PTA文部科学大臣表彰を受けた。
平成17年 校門にインターホンと防犯カメラを設置した。
平成21年 名古屋市歯科衛生特別優良校表彰を受賞した。